症状に合わせた信頼できるクリニック選びが重要

サイトメニュー

メリットと注意点

看護師

注目されている施術方法について

二重整形で最近注目されているのは、「埋没法」と呼ばれるものであり、プチ整形の一つとして知られています。なぜ注目されているのかというと、切開法と呼ばれるメスを使う本格的な方法と比べると気軽に出来るからです。埋没法の場合は、医療用の糸を使って施術を行うため、切開法と違ってメスを使う必要がないというのが大きな特徴となっています。具体的には、まぶたに糸を通すことで二重のラインを作るという方法であり、比較的簡単な施術で済みます。ですので、メスを入れるのは抵抗があるという人でも気軽に試すことが出来るということで人気がありますし、注目されているのです。特に初心者の場合は、手術をすること自体に不安を感じることも多いと言えますが、プチ整形とも呼ばれる埋没法であれば、心理的なハードルを下げることが可能でしょう。そして埋没法は、施術時間が5〜10分程度と非常に短くて済むこともメリットであり、入院も必要ないため、その点でもお手軽な方法だと言えます。それに、整形手術を行うと術後の痛みや腫れが起こる場合がありますが、この方法ではそうした症状が比較的軽度で済むため、仕事や学校を長く休む必要もありません。ですので、ちょっとした休暇が取れる時に施術が受けられるという点でもメリットがあると言えるでしょう。さらに費用についても、10万円以下という料金設定にしているクリニックが多く、比較的安く済むということも、プチ整形と呼ばれる理由の一つになっています。また埋没法は、後で元の状態に戻すことも可能なので、お試しとして出来るという点でも注目されていると言えるでしょう。
「埋没法」は、手軽に受けられる二重のプチ整形として注目されていますし、人気がありますが、気をつけておいたほうがよいこともいくつかあります。まず気をつけておきたいのは、施術で使われた糸が緩んだり切れたりすると、二重まぶたが一重に戻ってしまうということです。一般的には、3〜5年経つと50%程度の確率で一重まぶたに戻ってしまうと言われているため、その点はあらかじめ納得した上で施術を受けるようにする必要があるでしょう。しかし、このことは逆に、一旦施術を行っても元に戻しやすいということでもあるため、人によってはメリットになることもあります。次に気をつけておきたいのは、施術で使われた糸が眼球を傷つけてしまう場合があるということです。この方法では医療用の糸を使用しますが、施術をするとまぶたの裏側にこの糸が残っているという状態になります。そしてこの糸の結び目が外側に出てくることが稀にあり、このことが原因で眼球が傷ついたり、まぶたが腫れたりする場合があるのです。しかし、信頼出来るクリニックであればこうしたことが起こることはほとんどないと言えるでしょう。さらに挙げられる気をつけておきたい点は、ダウンタイムが必要になるということであり、目立った腫れが引くのに3〜4日程度かかるということです。そのため、ダウンタイムの期間はアイメイクを控える必要があるということを知っておく必要があるでしょう。しかし目立った腫れが引いた後は、メイクや眼鏡で誤魔化すことも可能なので、自分に合った方法を工夫してみるとよいと言えます。

Copyright© 2019 症状に合わせた信頼できるクリニック選びが重要 All Rights Reserved.