症状に合わせた信頼できるクリニック選びが重要

サイトメニュー

コンプレックスを解消

医者

プチ整形の施術として知られています

まぶたにあるある瞼板は目を開けた時眼瞼挙筋によって持ち上げられ、瞼板とまぶたの皮膚の間に癒着がある状態を二重まぶたと呼んでいます。瞼板とまぶたの間に癒着があると、目を開いた際まぶたが瞼板と引っ張られるのでくびれができ二重になります。反対に一重は瞼板とまぶたに癒着がなく、目を開いた際瞼板だけが引き上げられることです。二重の施術には埋没法や切開法があり、埋没法は切らない施術と言われています。まぶたの皮下において体内には吸収されない糸で二箇所留めながらラインを作成することが可能です。切開しない施術としてプチ整形の施術として知られています。切開法は後戻りできないまぶた施術で、希望のラインに従って切開し皮膚や脂肪などを取り除きます。埋没法を行っても後戻りする人に向いているでしょう。ラインに従って縫合を行うので傷跡はそれほど目立ちません。切開法は抜糸しない方法と抜糸を行う方法がありますが、クリニックによって異なるので事前に確認しておくことをおすすめします。一般的に切開法は埋没法ではまぶたの施術をしても戻ってしまったり、まぶたの脂肪が厚い人にすすめられています。脂肪が厚いと戻る可能性が高いからです。抜糸を行わない方法では糸がとける仕組みになっていて、抜糸を行う方法では腫れが少なく自然な仕上がりになるでしょう。医師と相談することで自分に合った施術を選択することができ、短時間できれいな仕上がりに整えること可能です。施術することでコンプレックスを解消することができ、快適な生活をおくることができます。
二重まぶたの施術である切開法にはいくつかメリットがあり、元に戻らないことがあげられます。切開法では脂肪や皮膚の弛みなども除去することができるので、目元の悩みを解消することができます。切開法は埋没法と比較するとはっきりラインができるメリットもあります。尚、個人差はありますが腫れることがあり、1週間程度腫れる人が多いです。埋没法の場合、患者の好みのラインに整えることができたり、患者への負担が少ないことがあげられます。糸を通すだけの施術になるので、時間は切開法と比較すると短い時間で済みます。もし完成したラインが気に入らない場合、糸を抜くことによって元の状態に戻すことができ、やり直しできるというメリットがあります。術後の腫れが少なく、普段の生活に早く戻れることが可能です。近年二重まぶたの手術経験者が増えていて、気軽に整形する人が多くなりました。顔の印象を変えることができたり、患者に合わせた術式でデザインすることができます。予算や何を重視するかで方法を選択することができ、以前よりもリーズナブルな価格で利用することが可能です。目は第一印象を左右する重要なパーツで、顔とのバランスやデザイン・幅などを考慮しながら患者に合わせた術式を医師としっかり相談することが大切です。昔から二重まぶたに憧れていたり、もう少しパッチリした目にしたいという人も利用しています。左右差がある目元のラインを調整することができたり、目元のたるみのせいで目が小さく見える場合も施術するときれいに仕上がります。

Copyright© 2019 症状に合わせた信頼できるクリニック選びが重要 All Rights Reserved.